【duplicateActiveSheet】スプレッドシートの既存シートを複製する

GoogleAppsScript

【duplicateActiveSheet】メソッドは

スプレッドシート上のシートを複製するメソッド

です。

公式リファレンスの該当ページはこちら

 

クラス

【Spreadsheetクラス】

シートを複製するメソッドであるためSheetクラスであると(個人的には)勘違いしやすいですが、duplicateActiveSheetはSpreadsheetクラスです。

 

記述方法

 

先述のとおり、duplicateActiveSheet()メソッドはSpreadsheetクラスです。以下の記述ではエラーが発生しますので注意してください。

 

指定したスプレッドシートで””現在アクティブな状態のシート(≒指定されている状態のシート)を複製する機能””を持っています。

そのため、複製したいシートを指定したい場合は、あらかじめmoveActiveSheet()などでアクティブなシートを指定してあげてからduplicateActiveSheet()を使ってあげる必要があります。

 

戻り値

【Sheet】

戻り値は新しく複製されたシートをSheetクラスのオブジェクトとして返します。

ですので、新しく複製されたシートに対して何らかの処理をさせたい場合には、duplicateActiveSheetメソッドに続いて処理を書く、もしくは、一旦duplicateActiveSheetメソッド処理の戻り値を変数に格納して、その変数に対して続きの処理を書いていきます。

 

使用例

自動シート複製機能

毎日の売上記録などを入力する用途でスプレッドシートを活用するところは多いと思います。日付ごとにシートを作って整理をしている場合、日付が変わったときに新しくシートを作成しなければいけないのでちょっとした手間が発生しますよね。

duplicateActiveSheet()を利用することで、日付が変わったときに新しい日付のシートを自動で追加される機能を追加することが可能です。

※日付が変わったタイミングでスクリプトを動作させるためにはトリガーの設定が必要です。

 

関連メソッド

以下のメソッドも確認しておくと、よりduplicateActiveSheetを活用することが可能です。(後日追加予定)

yoshi

JavaScript、Google Apps Scriptがメイン。Pythonもちょっとだけ。Google Apps Script開発、Pythonスクレイピングなどをする機会が多いです。ご依頼なども承っております。 記事内容についてのご意見・ご指摘などいただけますと幸いです。

シェアする

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする