【getValue】選択セルに記録されているデータ値を取得する

GoogleAppsScript

【getValue】メソッドは

選択されたセル範囲に記録されているデータの値を取得することができるメソッド

です。

 

公式リファレンスの該当ページはこちら

 

クラス

【Rangeクラス】

getValueメソッドはデータを取得したいセルを指定してRangeクラスオブジェクトとして取得してから利用することができるメソッドです。

データ値をRangeオブジェクトとして取得できるメソッドは、getRangegetDataRangeなどがあります。

 

記述方法

 

Rangeクラスのオブジェクトに対してそのまま書き綴るだけです。引数などを記入する必要はありません。

特定のひとつのセルデータをRangeオブジェクトとして取得するgetRangeメソッドがgetValueといっしょに利用されることが多いです。

戻り値

【Object】

取得したRangeオブジェクトに記録されているセルの値を取得することができます。

getValueメソッドで取得できる値はひとつだけなのですが、getValueメソッドを呼び出すRangeオブジェクトには、特定のひとつのセルデータのみが記録されている場合もあれば、複数のセルデータが記録されている場合もあります。

Rangeオブジェクトに格納されているセル情報が違うと取得できる値はどのようになるのか、以下のサンプルシートを使って簡単にご紹介しておきます。

 

ひとつのセルデータのみのRangeオブジェクトの場合

getRangeメソッドの引数を(1, 2)とするなどして、ひとつのセルを指定した場合のRangeオブジェクトに対してgetValueメソッドの出力結果です。

考えるまでもなく当然とは思いますが、Rangeオブジェクトとして取得したセルに記録されている値をそのまま出力します。

上記のサンプルシートのセルA2のみを取得したRangeオブジェクトに対してgetValueメソッドを利用した場合のコードと結果です。

 

 

複数のセルデータを含んだRangeオブジェクトの場合

getRangeメソッドの引数を(1, 2, 3, 4)と設定したり、getDataRangeメソッドを利用するなどして、複数のセルデータを取得した場合のRangeオブジェクトに対してgetValueメソッドの出力結果です。

この場合は取得されたセル値のうち、一番左上のセル値のみを返します。

 

より、詳しくご説明いたしますと、複数のセル値をRangeオブジェクトとして取得した場合、Rangeにはセルデータが2次元配列として格納されていますが、そのうち、インデックス値がarray [0][0]になるセルの値のみを出力します。

 

上記のサンプルシートでgetDataRangeメソッドを使って取得したRangeオブジェクトに対してgetValueメソッドを使った場合のコードと結果です。

 

複数のセルデータに記載されている値をすべて取得したい場合にはgetValuesメソッド(名前が複数形になっている!)というメソッドを利用します。

getValuesメソッドについてはこちら

 

使用例

※後日追記予定

関連メソッド

以下のメソッドも確認しておくと、よりgetValuesを活用することが可能です。(後日追加予定)

yoshi

JavaScript、Google Apps Scriptがメイン。Pythonもちょっとだけ。Google Apps Script開発、Pythonスクレイピングなどをする機会が多いです。ご依頼なども承っております。 記事内容についてのご意見・ご指摘などいただけますと幸いです。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする