【getValues】選択セル範囲に記録されているデータ値をすべて取得する

GoogleAppsScript

【getValues】メソッドは

選択されたセル範囲内に記録されているデータの値を配列で取得することができるメソッド

です。

 

公式リファレンスの該当ページはこちら

 

クラス

【Rangeクラス】

getValuesメソッドはデータを取得したいセル範囲を取得してから利用することができるメソッドです。

セル範囲を取得することができるのはgetRangeやgetDataRangeなどのRangeクラスのオブジェクトを取得するメソッドになります。

仮に、シート上に記録されているデータをすべて取得したいという場合においても、getValuesメソッドを利用する場合にはRangeクラスのオブジェクトの取得は必須です。

 

参考情報としてお話しておくと、類似のメソッドとしてSpreadsheetクラスやSheetクラスから利用できるgetSheetValuesというメソッドもあり、こちらもgetValuesメソッドと同じように選択されたセル範囲に記録されているデータ値を取得することができます。

getValuesメソッドとどちらを使うべきかという点ですが、データ値が記録されているすべてのセル範囲をRangeオブジェクトとして取得することができるgetDataRangeメソッドが大変便利であることから、getValuesメソッドの活躍する場面が多いのではないかと思います。

 

getSheetValuesメソッドについての解説はこちら

 

記述方法

 

Rangeクラスのオブジェクトに対してそのまま書き綴るだけです。引数などを記入する必要はありません。

戻り値

【Object [ ][ ]】

getValuesで取得したデータ値は2次元配列となります!

例えば、以下のサンプルシートがあるとして。。。

 

getDataRangeメソッドで取得したRangeオブジェクトにgetValuesメソッドを使った場合、戻り値として取得することができる内容は

となります。getDataRangeメソッドで空欄になっているセルも含めてセル範囲を取得された場合には、空欄の部分も配列に含めた戻り値となります。

戻り値として取得した2次元配列からセルの値を出力させたい場合、例えば、セルC3の値を出力する場合はarray[1][2]と表記する必要があります。

行・列番号と2次元配列のインデックス番号との違いに注意してくださいね。

使用例

※後日追記予定

関連メソッド

以下のメソッドも確認しておくと、よりgetValuesを活用することが可能です。(後日追加予定)

yoshi

JavaScript、Google Apps Scriptがメイン。Pythonもちょっとだけ。Google Apps Script開発、Pythonスクレイピングなどをする機会が多いです。ご依頼なども承っております。 記事内容についてのご意見・ご指摘などいただけますと幸いです。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする