Google Apps Scriptで簡単なメッセージ通知を表示させる方法

記述方法

こちらはスプレッドシート上でメッセージ通知を表示させる記述例です。

alert()の「(  )」の中にメッセージとして出力させたい内容を記述することでメッセージ通知を出力させることができます。

 

SpreadsheetAppの箇所をDocumentAppFormAppに変更することで、スプレッドシート以外のサービスでも利用することができます。

メッセージ通知を利用することができるGoogleサービスは以下のとおりです。

  • Google スプレッドシート
  • Google ドキュメント
  • Google スライド
  • Google フォーム

 

この方法により以下のようなメッセージボックスが出力されます。「OK」をクリックすることでメッセージボックスを閉じることができます。

alert02

 

プログラムの処理の完了、またはキャンセルを伝えるメッセージ通知として利用することで、Google Apps Scriptでのプログラム処理のユーザーエクスペリエンス向上に役立つことでしょう。

 

使用する主なメソッド

 

getUi

getUiメソッドはUiクラスのオブジェクトを取得するためのメソッドです。

今回のメッセージ通知を表示するために利用したalertメソッド(後述)を利用するためには、親クラスであるUiクラスのオブジェクトを取得する必要がありますのでgetUiメソッドで取得してあげます。

getUiメソッドはSpreadsheetAppクラスやDocumentAppクラスなどに利用することができます。

 

Uiクラスにはその他にも簡易な入力フォームを表示させるpromptメソッドやHTMLなどで構築したダイアログボックスを出力することが可能なshowModalDialogメソッドなどが用意されています。

 

getUiメソッドについてもっと詳しく知りたい場合はこちら

 

alert

alertメソッドは簡易なメッセージボックスを出力することができるメソッドです。

先述したgetUiメソッドで取得したUiクラスのオブジェクトに対して記述することで利用できます。

 

alertメソッドについてもっと詳しく知りたい場合はこちら

yoshi

JavaScript、Google Apps Scriptがメイン。Pythonもちょっとだけ。Google Apps Script開発、Pythonスクレイピングなどをする機会が多いです。ご依頼なども承っております。 記事内容についてのご意見・ご指摘などいただけますと幸いです。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする