【moveActiveSheet(pos)】アクティブなシートを移動する

GoogleAppsScript

【moveActiveSheet(pos)】メソッドは

スプレッドシートでアクティブ状態になっているシートをインデックス番号で指定した場所に移動させる

メソッドです。

公式リファレンスの該当ページはこちら

 

クラス

【Spreadsheetクラス】

getActiveSpreadsheetメソッドなどで取得できるクラスです。

アクティブなシートを動かすメソッドなので、Sheetクラスに対するメソッドではないかと勘違いしてしまいやすいので気をつけてください!

 

記述方法

getActiveSpreadsheet()やopenById(id)などでSpreadsheetクラスを取得してからmoveActiveSheet(pos)メソッドを書いてあげる必要があります。

 

(pos)の記述

moveActiveSheet01

(pos)には移動先のシート位置を数値で記入します。

このシート位置の数値ですが、一番左の位置に移動させる場合を0とし、以後、1、2、、、とカウントします。

アクティブなシートの指定について

moveActiveSheet(pos)はその名の通りアクティブなシートの位置を移動させるメソッドですので、特定のシートについて動作をさせたいと考えている場合はアクティブなシートを指定してあげる必要があります。

アクティブなシートについての注意

moveActiveSheet(pos)を利用するためのスプレッドシートクラスを取得するための方法としてgetActiveSheet()やopenById(id)などがあります。

実は、この2つにはアクティブなシートの指定について大きな違いがあります。

詳しくはgetActiveSheet()もしくはopenById(id)のページを読んでみてください!

 

戻り値

moveActiveSheetは戻り値を返しません。アクティブなシートを指定した場所に移動させる結果のみを返します。

使用例

自動シート複製機能

毎日日付が変わる度に新しい日付シートを複製するスクリプトの作成にmoveActiveSheet(pos)は役に立ちます。

新しく作成されたシートは利用者側が使いやすい、探しやすいようにシートリストの一番左側に移動しておきたいと思うでしょう。

新しく作成されたシートに対してmoveActiveSheet(0)を使うことで、シートリストの一番左側に移動させることができます。

 

関連メソッド

以下のメソッドも確認しておくと、よりmoveActiveSheet(pos)を活用することが可能です。(後日追加予定)

yoshi

JavaScript、Google Apps Scriptがメイン。Pythonもちょっとだけ。Google Apps Script開発、Pythonスクレイピングなどをする機会が多いです。ご依頼なども承っております。 記事内容についてのご意見・ご指摘などいただけますと幸いです。

シェアする

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする