プログラミング初心者にもオススメ!Google Apps Scriptとは?

GoogleAppsScript

こんにちは!

本記事ではGoogle Apps Scriptとはいったいどのような言語なのかについてご紹介していきます。

この記事をご覧になられているのは、おそらくプログラミング初心者、もしくは、これからGoogle Apps Scriptに触れようかな?と考えられている方でしょうか…?

この記事はそんな入門者のために書かれた導入記事です。プログラミング、Google Apps Scriptを始める際のご参考になれば幸いです。

今後、プログラミングの知識がより求められてくる時代になりますので、特にプログラミング初心者さんには本記事をキッカケにプログラミングに触れていってもらいたいなー、というのが私のホンネです(^_^;)笑

Google Apps Scriptとは?

Google Apps ScriptとはGoogle社が提供しているプログラミング言語です。通称、GASと呼ばれます!

以下に、Google Apps Scriptの特徴を記します。

Googleが提供しているサービスを連携・拡張することができる

GoogleでGoogleアカウントというものを取得すると以下のサービスを受けることができます。Gmailのメールアドレスを作成したり、Google マップで道先を検索したりなどけっこうお世話になっているツールも多いのではないでしょうか。

  • 【Gmail】…メールサービス
  • 【Google カレンダー】…予定管理サービス
  • 【Google マップ】…地図サービス
  • 【Google ドライブ】…オンラインストレージサービス
  • 【Google スプレッドシート】…Google版のエクセル
  • 【Google ドキュメント】…Google版のワード
  • 【Google スライド】…Google版のパワーポイント
  • 【Google 翻訳】…言語翻訳サービス

他多数

そのままでも大変便利なこれらのサービスですが、Google Apps Scriptを利用するとこれらのサービス同士を連携させたり、プラスアルファで機能を追加したりすることができます。

例えば、Google スプレッドシートを例にあげますと、

  • 必要事項を記入すると見積書を作成する機能
  • スプレッドシートで作成した見積書を自動でGoogle ドライブにPDFで保存
  • 保存した見積書PDFを自動的にGmailでお客様宛に送信

といった機能をGoogle Apps Scriptで実装することが可能です。

多くの企業で馴染みのあるものだと思いましたので見積書を事例に挙げましたが、…Google Apps Scriptでできることは紹介しきれないくらいに大変幅広いものになります。

 

日頃の仕事にすぐ活かしやすい

先ほどご紹介しましたように、Google Apps Scriptは元々あるGoogleのサービスにプラスアルファで業務が便利になる機能などを追加することができる言語です。

GmailやGoogle スプレッドシートなどはGoogle Apps Scriptを利用しなくても元々便利な機能が備わっているツールですので、職場でも利用しているところは多く、Google Apps Scriptを試すことができる場面は多そうです。

また、ゼロから仕組みを作っていかなければいけない他のプログラム言語と違い、ちょっとしたコードを書くだけでも何らかの価値を生み出すことができるため、学んだことを日頃の仕事にすぐ活かしやすいです。

これは、大変便利であるだけでなく、プログラミング初心者にとってアウトプットを続ける楽しさを感じてもらいやすくなり、プログラミングを学ぶモチベーションを保ちやすくなるという副産物もあります。

 

 開発環境を簡単に用意できる

プログラミングを始める上で環境構築は地味にめんどくさかったりします…利用するパソコンのOSやインストールするソフトのバージョン次第では過去の文献が全く参考にならず環境構築に苦労することも…

 

対して、Google Apps Scriptを利用するための環境構築はとっても簡単です。必要なものは3つだけです。

 

【パソコン】

当然ですがパソコンが必須になります。さすがにスマートフォンでは利用ができませんでした笑

パソコンの性能、スペックについてですが高いスペックのものは必要としません。

後ほどまた詳しくご説明はいたしますが、Google Apps Scriptはその仕組み上、基本的にプログラムの処理はGoogle側で行い、結果だけをお手持ちのパソコンに返すようなものであるため、パソコンの処理能力が問題になる場合があまりないのです。

 

【WEBブラウザ】

今あなたはこのブログをなんのソフトを使って見ていますか?そのソフトこそがWEBブラウザです。

普通であれば最初から何らかのWEBブラウザがパソコンの中に入っています。もし、入っていないパソコンをご利用しているあなたは…プログラミング初心者じゃありませんね?笑

代表的なものとしてGoogle Chrome、Internet Explorer(最新版はEdge)、Safariなどがありますが、何を利用しても大丈夫なのでまずは今ご利用しているWebブラウザを利用してみましょう。

 

【Google アカウント】

Google アカウントと聞くと「え?なにそれ」と思われるかもしれません。。。が、実は大半の人は既に持っているんですよね。

○○@gmail.com」という表記のメールアドレスはお持ちでないでしょうか。それがGoogle アカウントです!

Gmailのメールアドレスをつくっている、Androidスマートフォンのアカウント設定でメールアドレスを作成した人などは間違いなくGoogle アカウントをお持ちのはずです!

 

Googleアカウントを作成することで、Google Apps Scriptを利用することができるのはもちろん、先ほど箇条書きでご紹介したGoogleが提供しているたくさんのサービスも利用することができますので、そういう意味でもぜひ持っておくべきでしょう。

 

まだGoogleアカウントをお持ちでない方は次回の記事で作成方法をご紹介いたしますのでそちらを参考に作成してみてくださいね。

おわりに

Google Apps Scriptの本の触りの部分だけをご紹介いたしました。Google Apps Scriptのイメージはおおよそついたでしょうか?

今回の内容ではGoogle Apps Scriptは活用しやすく仕事への利用メリットが有ること、そして、始めやすいことをお伝えしました。

まだ、Google Apps Scriptとは何かを伝える上で足りない情報が多いのですが、今の段階ではこれらの情報だけで十分かと思います。

実際に手を動かして、アウトプットをしていく中で一番最適なタイミングで他にもいろいろご紹介していけたらと思っています。

 

それでは、このGoogle Apps Script初心者向け連載の2回目ではいよいよGoogle Apps Scriptでのプログラミングを行うべく環境構築の方法についてご紹介していきます。

yoshi

JavaScript、Google Apps Scriptがメイン。Pythonもちょっとだけ。Google Apps Script開発、Pythonスクレイピングなどをする機会が多いです。ご依頼なども承っております。 記事内容についてのご意見・ご指摘などいただけますと幸いです。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする