【G Suite専用】スプレッドシートの自作テンプレートを登録して社内で共有する方法

※この記事の内容はG Suiteを利用しているユーザーのみを対象とした記事です。

無料版のGoogle アカウントをご利用されている方はご利用いただけない内容ですのでご注意ください。

 

Google スプレッドシートに自作のテンプレートを登録する方法です。

テンプレートを登録することで、Google側で用意されている以外のテンプレートを利用できるだけでなく、社内のG Suiteユーザーの全てがそのテンプレートを利用できるようになります。

 

テンプレートに登録したいスプレッドシートファイルには特別な処理や操作は必要ありません。普通にGoogle スプレッドシートであらかじめ売上表などのファイルを作成しておいてから、下記の処理を行ってください。

 

自作テンプレートを登録する方法

登録の手順

①Google スプレッドシートのトップページにアクセスします。

Google スプレッドシートのトップページリンクはこちら

 

②右上にある「テンプレートギャラリー」の文字をクリックします

 

③左上にある【会社名】と【全般】のうち【会社名】をクリックして選択します。

※会社名とはG Suiteを契約している会社名のことです。

 

④【テンプレートを送信】をクリックします。

 

⑤【スプレッドシートを選択】をクリックします。

 

⑥テンプレートに追加したいファイルをクリックして選択状態にした後、左下の【開く】をクリックします。

 

⑦「元のファイルではなくコピーを送信する」にチェックを入れる場合は、左側の四角形をクリックします。

 

これにチェックを入れなかった場合、テンプレートとして送信する元データの内容を編集すると、テンプレートの内容も同時に変更されます。

 

※「元のファイルではなくコピーを送信する」にチェックを入れた場合…登録したいテンプレートの名前を「題名」のテキストボックスに入力します。

 

⑧【カテゴリ】をクリックします。

 

⑨登録するテンプレートに適したカテゴリを選択してクリックします。

 

⑩【送信】をクリックしてテンプレートを登録します。

 

⑪登録処理したテンプレートがテンプレート一覧に表示されているかどうかを確認してみてください。

 

自作テンプレートを削除する方法

削除の手順

①自作テンプレート一覧の中にある削除したいテンプレートの右下の「︙」をクリックします。

 

②「ギャラリーから削除」をクリックします。

 

③しばらくするとテンプレートが削除されます。

「本当に削除しますか?」といった操作確認がなく、すぐに削除されてしまうので注意してください。

 

削除を取り消す方法

「削除しました」の右横にある「取消」をクリックするとテンプレートの削除処理を取り消すことができます。

ただし、削除ボタンをクリックできる時間は削除後の数秒間のみになりますので気をつけてください。

yoshi

JavaScript、Google Apps Scriptがメイン。Pythonもちょっとだけ。Google Apps Script開発、Pythonスクレイピングなどをする機会が多いです。ご依頼なども承っております。 記事内容についてのご意見・ご指摘などいただけますと幸いです。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする