Google カレンダーに予定を追加する方法

この記事ではGoogle カレンダーに予定を追加する方法をPC版とアプリ版とで分けてご説明します。

予定を追加するための必要最低限の操作方法について記述しています。

 

PC版

PC版Google カレンダーは以下のリンクよりアクセスすることができます。

 

予定を追加する方法

予定追加画面に移動する

Google カレンダーのトップ右下の赤色の丸いボタンをクリックします。

すると、新しい予定の入力画面が表示されます。

 

追加する予定のタイトルを入力する

一番上の大きい入力欄に予定のタイトル、内容を入力します。

 

追加する予定の日時情報を入力する

次に、登録する予定の日時を設定します。日時の設定項目は以下のようになっています。

 

開始時間を設定する例をもとに、予定の日時の設定方法をご紹介します。

まず、①設定する項目をクリックします。ここでは開始時間の項目をクリックします。そして、②希望する日時を選択します。今回は午前10:00をクリックして設定します。

 

このようにしていくと、日時を変更していくことができます。下記の例では、1月1日の午前10:00から12:00までの予定を設定しています。

 

予定の追加を保存する

最後に、右上の「保存」をクリックします。これで、予定の追加は完了です。

 

下図のように入力した内容が反映されていれば予定の追加は完了です。

 

予定の詳細を追加する方法

Google カレンダーではさらに予定の詳細について登録しておくことができます。予定の詳細登録方法とその活用については以下に記した各ページでご紹介しています。

※随時更新していきます

 

スマートフォン版

スマートフォン版はアプリとして用意されており、iPhoneの場合はApp Store、Androidの場合はGoogle Playストアでそれぞれ入手することができます。

Google Play で手に入れよう

 

予定を追加する方法

予定追加画面に移動する

Google カレンダートップの右下にある赤い丸ボタンをタップします。

 

「予定」「リマインダー」「ゴール」の3つの選択肢が表示されますので、「予定」を選択してタップしてください。

 

追加する予定のタイトルを入力する

最初の入力欄に予定の内容・タイトルを入力します。

 

追加する予定の日時情報を入力する

次に、予定の日時情報を登録します。日時情報の入力欄は以下のようになっており、それぞれタップすることで数値を変更することができるようになります。

 

開始時間を変更する例を挙げます。まず、①開始時間の入力欄をタップします。すると、時間を設定することができるルーレットのような時間入力フォームが現れます。

②現れた時間入力フォームを使って、希望する数値を入力してください。

 

予定の追加を保存する

すべて入力を終えたら、右上の「保存」をタップします。

 

登録した予定の内容がカレンダーに反映されれば、無事予定の追加は完了となります。

 

予定の詳細を追加する方法

Google カレンダーではさらに予定の詳細について登録しておくことができます。予定の詳細登録方法とその活用については以下に記した各ページでご紹介しています。

※随時更新していきます

 

おわりに

この記事ではGoogle カレンダーに予定を追加するための方法を手順ひとつひとつご説明いたしました。

さらに詳細な予定の登録を希望される場合には「予定の詳細を追加する方法」に記載されているリンクに本ブログで掲載している別記事のリンクを記載しており参考になると思います。

yoshi

JavaScript、Google Apps Scriptがメイン。Pythonもちょっとだけ。Google Apps Script開発、Pythonスクレイピングなどをする機会が多いです。ご依頼なども承っております。 記事内容についてのご意見・ご指摘などいただけますと幸いです。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする