【Google スプレッドシートのキホン】新規ファイルを作成する方法

このページでは、Google スプレッドシートで新規ファイルを作成する方法についてご説明しています。

Google スプレッドシートのファイルを作成する方法はいくつかパターンがありますが、このページでは一番簡単でわかりやすい新規ファイルの作成方法をご説明します。

 

また、後半ではテンプレートから新規ファイルを作成する方法についてもご説明します。

 

新規ファイルを作成する方法

新規ファイル作成の基本

①Google ドライブにアクセスします。

※下記にGoogle ドライブのリンクを示します。

 

②新しいスプレッドシートファイルを作成したいフォルダに移動します。

例えば、「重要資料」という名前のフォルダにアクセスしている状態でスプレッドシートファイルを作成すると、作成したファイルは「重要資料」フォルダ内に保存されます。

 

③左上の【新規】ボタンをクリックします。

もしくは、下図に示す赤枠の範囲内で右クリックすることでもファイル作成のステップを踏めます。

 

④表示されたメニューの中から【Google スプレッドシート】をクリックする。

 

※ひとつ前の手順で右クリックを選択した場合、上図のようなメニューが右クリックした場所を起点に表示されます。

 

⑤「無題のスプレッドシート」という名前でスプレッドシートページが表示されます。

 

⑥左上の「無題のスプレッドシート」と書かれた箇所をクリックすると文字を入力してファイル名を決められます。新しいファイルに設定したいファイル名を入力してエンターキーを押してください。

 

⑦ファイルが自動で保存され新規ファイルの作成が完了します。

「変更内容をすべてドライブに保存しました」という表示がファイルの保存完了の目印です。

 

実際にGoogle ドライブ上に新規作成したファイルが保存できているか確認してみましょう。このように作成、保存されていることがわかります。

 

テンプレートから新規ファイルを作成する方法

※新規ファイル作成の基本の③までの作業を進めた後の手順になります。

 

**①表示されたメニューの中にある【Google スプレッドシート】の右側にある「>」をクリックします。

 

②【テンプレートから】をクリックします。

 

③「テンプレートギャラリー」というページが表示されますので、その中からお好みのテンプレートを選択してクリックします。

テンプレートは数多く用意されているので、いくつか試しに利用してみてください。

年が変わるとカレンダーテンプレートの記載内容が変更されるなど、いくつかのテンプレートは定期的に更新されています。

 

④選択したテンプレートを反映したスプレッドシートが表示されます。

 

⑤ファイル名を設定してファイルを保存してファイル作成を完了してください。

※新規ファイル作成の基本の⑥、⑦の手順と一緒です。

 

補足

G Suiteユーザー限定で、自作したオリジナルのテンプレートをテンプレートギャラリーに追加することができます。

追加したテンプレートは社内の他ユーザーと共同で利用することができます。

自作テンプレート追加の方法はこちら

 

次のステップ

スプレッドシートで作成した資料を外部の方に見せたい、という機会は多いでしょう。

外部の方にスプレッドシートを送信・共有する方法を知りましょう。(後日以下予定)

 ちょっと気軽にエンジニア
ちょっと気軽にエンジニア
https://www.hop-step-engineering.com/gsuite/share_spreadsheet_file/
HOP! STEP! ENGINEERING!!

yoshi

JavaScript、Google Apps Scriptがメイン。Pythonもちょっとだけ。Google Apps Script開発、Pythonスクレイピングなどをする機会が多いです。ご依頼なども承っております。 記事内容についてのご意見・ご指摘などいただけますと幸いです。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする